lccはなぜ安い?Lccの評判と乗り方!海外オプショナルツアー【mongol】

今、飛ぶ鳥を落とす勢いのlccですが、なぜ安いのか、そしてlccの評判もそれぞれ気になる所ですよね。大手航空会社の飛行機とは乗り方や安全性は異なるのかなど、細かい質問にもすべてここではお答えさせていただきます!

Lccはどうして安いのか、そしてlccの評判とその乗り方とは

Lccはどうして安いのかと思われた方はたくさんいるかと思います。そして、lccを利用したいけど、乗ったことがないからその評判が気になる方と乗り方も知りたい方もいるでしょう。そんな方にこちらを参考にしていただけたらと思います。

Lccはどうして航空券の値段を安くできるのか

Lccはどうして航空券の値段を安くできるのかというと、一言で言えば企業努力にあります。では、どういったことかというと、まずは、人件費をカットしています。コストがかからないよう、機種によって免許が必要になる飛行機の機体を1種に揃えており、それによって教育費などを浮かしているのです。

それ以外には、予約は基本的にインターネットでお客様にやってもらうことによって、ここでも予約センターの設備費用や人件費をカットすると同時に、チェックインカウンターでも積極的に機械化を図っています。そして、もう1つがサービスのカットです。機内でのドリンクやフードは無料ではなく基本は有料としています(大手航空会社の航空券代金にはこれが含まれてしまっています)。

他にも、機内の座席の幅を狭めることによって、1機の飛行機により多くの人が乗れるようにして、ガソリン代をカットしたり、逆にコストがかかるサービスを利用したい人には有料化することによって、マイナス部分を補ってもらうなどの仕組みとなっています。

気になるlccの評判と、lccはどのように予約して乗ればいいの?

一番気になるのは、lccの全体的な評判ですよね。正直な所、良い感想と悪い感想はあります。良い感想で言うと、思ったよりも快適だったということと、コスパの良さ、それに、安全性には問題ないということです。

「安いから安全性に問題がありそう」と思っている方が非常に多いですが、安全性に関しては、大手航空会社と同じですので、問題はありません。逆にlccに関する悪い感想は、座席が狭いということ、そして特に東京近郊に住む方は、わざわざ成田空港まで行かなければいけないという手間があるということです。

ただ、これこそがlccの安さの秘訣で、人気の空港に発着しないことでレンタル料を抑え、航空券も安くできるのです。では、そのlccはどのように予約して乗るのかというと、各lccのホームページに入って自らネット予約をするというのが基本です。

クレジットカード払いやコンビニ払いをしたらeチケットが送られてくるので、それをもプリントアウトして空港まで持って行ってカウンターや機械で手続きすれば飛行機に乗れます。

LCCの最大の魅力は何と言っても航空運賃の低価格に有ります

LCCと言われる格安航空会社ですが、現在では利用される方が非常に多くなってきており、何と言ってもその最大のメリットと言えば料金の安さと言えるでしょう。

一昔前であればLCCは危険であるとか、機体整備が手抜きであるとか揶揄されて来ましたが、現在のLCCは全くその様な事を感じさせません。そこでLCCは何故料金を安くする事出来るのか、LCCの利用の仕方等と合わせて見てみましょう。

LCCの航空運賃がとても安いのには企業側の多くの努力の結果です

現在、世界中でLCCと呼ばれる格安航空会社が大変な広がりを見せており、特にビジネスマン等、仕事で頻繁に日本国内は元より海外への出張が多い方等には絶大な人気を誇っております。

これはLCCの料金が他の大手航空会社の料金に比べ大幅に安い為で、利用するビジネスマンの企業側としても経費削減等の効果を得る事が出来る為です。では何故LCCの料金は安く出来るのかを考えてみましょう。

先ず航空会社が飛行機を飛ばす為に最もお金が掛かるのがその燃料代です。現在のLCC各社はその飛行機を最新の機材に変えております。古い機材の場合にはどうしても燃費が悪い為です。

新しい最新の機材にする事で、飛行機自体の燃費はおおきく改善出来、その分を利用者の航空運賃に還元しているのです。更にLCCに多い物としては燃油サーチャージと言われる燃料代の差額分の追加徴収が無い事も航空運賃を下げている一因になります。

又、LCCをご利用になった事が有る方でしたら気が付いたかも知れませんが、LCCには機内食等の「サービス」は基本的には有りません。サービス等が必要な場合には有料としてサービスでは無く購入してもらう形を取っております。
この様に燃料や機内サービス等を徹底的に見直した結果としてLCCの料金の安さを実現できております。

LCCの乗り方は他の航空会社と同じなので心配は要りません

次に実際にLCCを利用する場合の乗り方や注意しておく点について調べてみましょう。LCCとは言え実は一般的な大手航空会社と大きく変わる事は有りません。

一般的には出発当日は空港に行く前に航空チケットを印刷し準備しておきます。空港に着いたら予約を入れた航空会社のチェックインカウンターでチェックインを行い、もしも手荷物が有る場合は機内持ち込みは預け入れを依頼します。

LCCの場合は預け入れ荷物は有料となる場合が多いので注意しておきましょう。又、LCCの多くはWebチェックインが出来る様になっておりますで、空港に到着する前えにパソコン等でチェックインを行う事も可能です。チェックインを済ませてしまえば後は搭乗を待つだけです。LCCだからと言って特別に注意が必要な事も有りません。

最後に日本国内で利用できるLCCの評判を探ってみましょう。先ず人気が高いのは「ジェッツトスター」です。元々はオーストラリアのカンタス航空のグループ会社ですが、日本にはジェットスタージャパンが有り、成田空港、中部空港、関西空港、福岡空港等で就航しています。

次にピンクの色が特徴的なピーチエアーです。ピーチエアーは大手航空会社のANAが筆頭株主のLCC会社で、日本のLCCの中で黒字経営が続いている会社です。又、国内のLCCとしてはバニラエアーも有りますが、こちらはANAの100%子会社となっております。

LCCのメリットデメリットについて

これまでは海外旅行をする際には格安航空会社が運営する航空機で、通常料金よりも安く旅行することが出来ました。


最近になり国内線にもLCC(格安航空会社)が本格的に参入し、国内旅行も格安の航空運賃で旅行で利用できるようになりました。LCCとは、ローコストキャリアの略であり、その名の通り、さまざまなサービスと航空運賃が格安で提供される航空会社のことを言います。

LCCは運賃を少しでも安くするためにさまざまな工夫がされています。コスト削減意識が高く、中途半端ではないために、販売手数料をカットする目的もあり旅行会社などを通さずに利用者に直接販売しています。

また、出発予定日よりも早く予約しておくと一般的な航空券は安く割引が適用になることがありますが、LCCはそれにプラスして、空席状況や需要に応じて料金が変動したり、キャンペーン価格や、セール価格も登場し、どの料金で航空券を入手するか迷うところも出てきます。

LCCのコスト削減

このあたりで予約しておこうと思いながらも、もっと安くなる可能性もあり、スリリングな部分も持ち合わせています。こうした料金の変動について予約事態も楽しめる他、片道分の格安航空券だけを購入する事が出来るので、自分の好きなルートで思い通りの旅行を楽しむ事が可能となります。

こんなにメリットがあるLCCも、実はデメリットも存在しています。基本的にLCCはコスト削減のためにシートが狭く、実際に長距離の路線はありません。

日本からヨーロッパに安くてダイレクトに行ける事が出来たら理想的ですが、長時間のフライトとなると体に負担がかかる可能性があるために、長距離路線は存在していないのです。また空港ターミナル内でも、あまり目立たないような隅の方にカウンターがあることが多いと言われています。

実際にターミナルの中央には大手航空会社が陣取っていることがほとんどで、わかりにくい場所にカウンターがあることが多いようです。その他には、コスト削減のために最大限飛行機をフル活用する事が多いので、なんらかの機体トラブルなどが見つかった場合には遅延することも良くあります。

同時に天候が雨や雪の日には、経費のあまりかからないタラップを利用することになることもしばしばあり、搭乗するまで大変だと思うこともあるそうです。こうしたメリットとデメリットを持ち合わせているものの、航空運賃の面ではかなり格安で利用できるため、割り切って利用することが良いと思います。