海外オプショナルツアー【mongol】

海外のオプショナルツアーを楽しもう!旬のプランが盛りだくさん - LCCのメリットデメリット

更新情報

旅行日チェック

2014年11月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

カテゴリー

LCCのメリットデメリット

これまでは海外旅行をする際には格安航空会社が運営する航空機で、通常料金よりも安く旅行することが出来ました。

最近になり国内線にもLCC(格安航空会社)が本格的に参入し、国内旅行も格安の航空運賃で旅行で利用できるようになりました。
LCCとは、ローコストキャリアの略であり、その名の通り、さまざまなサービスと航空運賃が格安で提供される航空会社のことを言います。
LCCは運賃を少しでも安くするためにさまざまな工夫がされています。
コスト削減意識が高く、中途半端ではないために、販売手数料をカットする目的もあり旅行会社などを通さずに利用者に直接販売しています。
また、出発予定日よりも早く予約しておくと一般的な航空券は安く割引が適用になることがありますが、LCCはそれにプラスして、空席状況や需要に応じて料金が変動したり、キャンペーン価格や、セール価格も登場し、どの料金で航空券を入手するか迷うところも出てきます。

LCCのコスト削減

このあたりで予約しておこうと思いながらも、もっと安くなる可能性もあり、スリリングな部分も持ち合わせています。
こうした料金の変動について予約事態も楽しめる他、片道分の航空券だけを購入する事が出来るので、自分の好きなルートで思い通りの旅行を楽しむ事が可能となります。
こんなにメリットがあるLCCも、実はデメリットも存在しています。
基本的にLCCはコスト削減のためにシートが狭く、実際に長距離の路線はありません。
日本からヨーロッパに安くてダイレクトに行ける事が出来たら理想的ですが、長時間のフライトとなると体に負担がかかる可能性があるために、長距離路線は存在していないのです。
路線については、国内線の格安チケット予約-ベスト格安航空券で随時確認してみると良いです。
また空港ターミナル内でも、あまり目立たないような隅の方にカウンターがあることが多いと言われています。
実際にターミナルの中央には大手航空会社が陣取っていることがほとんどで、わかりにくい場所にカウンターがあることが多いようです。
その他には、コスト削減のために最大限飛行機をフル活用する事が多いので、なんらかの機体トラブルなどが見つかった場合には遅延することも良くあります。
同時に天候が雨や雪の日には、経費のあまりかからないタラップを利用することになることもしばしばあり、搭乗するまで大変だと思うこともあるそうです。
こうしたメリットとデメリットを持ち合わせているものの、航空運賃の面ではかなり格安で利用できるため、割り切って利用することが良いと思います。