lccはなぜ安い?Lccの評判と乗り方!海外オプショナルツアー【mongol】

今、飛ぶ鳥を落とす勢いのlccですが、なぜ安いのか、そしてlccの評判もそれぞれ気になる所ですよね。大手航空会社の飛行機とは乗り方や安全性は異なるのかなど、細かい質問にもすべてここではお答えさせていただきます!

戦後大名独眼竜伊達政宗を偲ぶ、史跡とスポットの紹介

歴女という言葉もすっかりお馴染みになりました。歴史好きの若い女性が増えているようです。

日本史の中でも戦国時代は人気がありますが、数ある戦国大名の中でも伊達政宗が好き、というファンは多いでしょう。戦国の乱世を生き抜き、仙台藩62万石の藩祖となった人物です。

仙台には、今も伊達政宗を偲ぶ事が出来る史跡やスポットが多くあります。先ずは仙台市立博物館です。最も目を引くのは、三日月の兜が美しい伊達政宗の甲冑です。他にも彼が実際に着ていた着物、直筆の書状や和歌等、伊達家の宝物もたくさん展示されています。

市立博物館のすぐ近くには、青葉城跡があります。ここでは、あまりにも有名な伊達政宗の騎馬像を見る事が出来ます。高台にあるこの城からは、仙台の街並みを一望する事も出来ます。

また、青葉城の側には、伊達家の菩提寺の瑞鳳殿があります。 元々は国宝だった瑞鳳殿も先の大戦で消失してしまい、後に復元されました。しかし、政宗はここに葬られたわけですから、ファンとしては外せないスポットです。

仙台市内からJR仙石線に乗って少し足を延ばして松島まで行くと、さらなる政宗関係の史跡があります。1つは国宝にも指定されている瑞巌寺です。JR松島駅から歩いてすぐの距離です。

庭園には、政宗が朝鮮出兵時に持ち帰ったと伝えられている立派な梅の木が植えられています。 また瑞巌寺の資料館にも貴重な資料があります。伊達政宗の甲冑像は一見の価値有りです。

政宗の遺言により、彼の肖像画や木造などは全て両眼が入れられています。しかしこのままでは彼の真の姿がわからなくなってしまう、と心配した婦人の愛姫の計らいにより、この甲冑像は隻眼です。

武将政宗を今に伝える立派な甲冑像です。瑞巌寺の近くには、みちのく伊達政宗資料館があります。 政宗の人生の名シーンが?人形によって再現されているユニークな資料館です。

このように、仙台市内と松島には、伊達政宗ゆかりの史跡やスポットがたくさんあります。伊達政宗ファンであるならば、是非一度仙台を訪れる事をお勧めします。

関連記事